So-net無料ブログ作成

佐村河内守 ゴーストライター なぜばれた [スクープ]

佐村河内守 ゴーストライター なぜばれたのか!?

samuragouchi2.jpg


佐村河内氏のゴーストライターを18年間やっていた「新垣隆氏(43)」が
本日記者会見を開き、謝罪。これまでの経緯を洗いざらい暴露したからである。

niigaki.jpg


佐村河内氏について、ゴーストライターの新垣氏は、
「耳に関しては、私の認識では、初めて彼と会ったときから今まで、 特に耳が聞こえないということを感じたことは一度もありませんでした」
と驚きの告白をした。

記者の「一般の方と同様に話ができたということか?」という質問に対して、
新垣氏は「そういうことです」と答えた。


どうやら本当に、佐村河内氏は耳が聞こえているらしい。


新垣氏は何度か彼に対し『こんなことはやめよう』と言ったらしいが、
『あなたが曲を書いてくれないと私は自殺する』とまで言われたとのこと。

更に記者の「CDの解説書の内容」についての質問に対し新垣氏は、
「CDの解説にあった記述はほとんどが嘘です。出会いはそうではないですし、 あれはフィクションです。」

記者の「佐村河内さんの曲と信じてCDを買われたファンの方には?」という質問に対し、新垣氏は、
「それは、大変申し訳ないことをしたと思っております。本当に申し訳ありません」
と深く一礼した。

記者の「佐村河内さんはピアノを弾けないのか?」という質問に対し、
「彼(佐村河内さん)は、非常に初歩的なピアノの技術のみ、であります」
との回答。

これには驚かされる!
ピアノもろくに弾けないなら、作曲は出来ないだろう!?

記者「障害者手帳は、詐取しているということなのか?」
新垣氏「私は彼と普通のやり取りをしていました」

記者「障害者ではないと?」
新垣氏「そう思います。それは違うのではないかと思います」

記者「実際彼は譜面をかけたのか?」
新垣氏「書けません」


今後もまだまだ、業界に波紋を呼びそうである。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

佐村河内守 YouTube [スクープ]

佐村河内 守(さむらごうち・まもる)(50)』という全聾の作曲家を
ご存知ですか?
samuragouchi.jpg


この佐村河内 守氏なんですが、なんと十数年前から、
ゴーストライターに曲を作ってもらっていた、というのです(驚)!!






桐朋学園大学作曲専攻で、非常勤講師を務める「新垣 隆氏(43)」が、
佐村河内 守氏のゴーストライターをやってきたことを、週刊文春の取材に
応じ、明らかにしました。


佐村河内 守氏といえば、巷では両耳が聞こえない作曲家として
かなり有名で、「絶対音感」を持つ「現代のベートーベン」と
紹介されるほどに、凄い人なはず・・・。


平成20年に初めて演奏された「交響曲第1番HIROSHIMA」は、
東日本大震災のあと注目を集め、クラシックCDとしては異例の18万枚 以上の売り上げを記録しています。


最近では、フィギュアスケートの髙橋大輔選手が、ソチ五輪の
ショートプログラムで使用する曲『ヴァイオリンのためのソナチネ
を作曲したことで、話題になっていましたよね?



彼のブログやホームページがないか?・・・色々と調べてみたのですが、
残念ながらブログはありませんでした。


しかしオフィシャル・ウェブサイトはあったようですが、すでに
閉鎖された後でした。


佐村河内 守氏のゴーストライターであった新垣 隆氏は、近々会見で
謝罪するようです。


一方、佐村河内氏は、

「自分は楽曲の構成をしたが、作曲をゴーストライター
任せてしまったことは、大いなる裏切りであると思っています。
ファンや深く傷つけてしまった方に、心よりおわび申し上げます」

とコメントしています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。